読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MATHOM-HOUSE presented by いもたこ

気になったことを色々と。ジャンルも色々。

今週のお題「髪型」

今週のお題「髪型」

 

私は髪が長い。今のままでもヘアドネーションができるのではないかというぐらい長い。遺伝でゆるやかなウェーブ(要は天然パーマ)が出ているが、基本的に黒くて真っすぐに伸びている。

小学校を卒業するまでは親の意向なのか何なのかおかっぱだったということもあり、その反発から伸ばし始めたのだ。

 

ところが受験生だった頃、自分の髪のあまりの長さにいら立って、ばっさり切ってしまったことがある。街角でショートヘアの女性を見かけたというのも理由だった。

 

そこで私は5年間伸ばした髪を勉強料に、とても大事なことを学んだ。

万人に似合う髪型はない、ということである。

ショートヘアは私には致命的に似合わなかった。

 

それどころかもっと不幸なことに、髪を伸ばしきる前に大学受験を終えてしまったので、学生証も短髪の写真になってしまった。

その後また髪を伸ばし始めた上に眼鏡まで変わってしまったので、4年生になる頃には提示する都度、本人か怪しまれる羽目になったのである。

 

私は基本的に、性別や年齢を問わず、したい髪型をすれば良いと思っている。

高校生の時分、先述のウェーブした髪型のせいで地毛か疑われたことがあったのだが*1、それ以来、あまり気にしなくなった。

だが、自分自身について言えば、あの突然のイメチェンは若気の至りの、完全に苦い思い出である。

*1:校則がそれほど厳しくない(若白髪の場合は白髪止めが使える、栗毛の日本人を含め、地毛が黒くない場合は黒染めをしなくて良い、など)上に、偶然親(強烈な天然パーマ)の写真を証拠として持っており、しかも私は普段校則だけは馬鹿正直に守っていたという実績もあったのであっという間に解放されたが。